横浜で家を建てるなら!工務店比較サイト

トップ > 横浜の注文住宅情報 > ハウスメーカーと工務店の違いは?

ハウスメーカーと工務店の違いは?

 元をただせば大手のハウスメーカーの目的につきましては、家屋のローコスト化にあるといえます。従って価格につきましては、工務店よりリーズナブルだと想像するのが普通です。しかしながら、実際のところは、そんなことはありません。ハウスメーカーに関しては、テレビタレントを採用したコマーシャルを流しています。加えて、贅を尽くしたモデルハウスをあらゆる場所に建設しています。以上のように、ハウスメーカーは、広告それから、展示場の管理費それから、セールスマンの賃金などが工務店より決定的にかかります。従って、値段ではメーカーの方が相当高くなるのが通例です。仮に、その地域で高い評価を得ている信頼に値する工務店があるなら、依頼する方が安価にすることができるでしょう。

 建築の技術力に関してですが、数多くの人が思い違いしているのですが、メーカーは自前で大工を持ち合わせているという訳ではありません。その現場においての建築の必要な作業につきましては、それぞれの地域の工務店にお願いして実施させることになっています。要するに、実際のところ現場において建築に関係するのは、メーカーにオーダーしても、地元の大工になります。そういう理由で、メーカーでも現場でワークするときの技術力のギャップというのは、あまり見られません。現実問題として、メーカーにオーダーした場合大工を指定するということは簡単ではないので、その点についてはこちらサイドから技術力のある大工を選択することができる工務店とは違いますので留意することが必要になります。

 工期つきましては、格段にハウスメーカーがアドバンテージになります。工務店であれば、おおむね3ヶ月~6ヵ月程度ですが、量産してマニュアルどおりに建築を進行させていくハウスメーカーは、終了まで3ヶ月内ということも少なくありません。それ相当の理由で、必然的に工期をスピーディーにしたいというケースでは、いうまでもなく、ハウスメーカーにお願いする方が良いと考えられます。結論としまして、家作りに関しては、当然に完全に同一の家というのはありませんので、基本的に自分自身が希望する家を建築するには、何処がいいかを計算に入れなければなりません。すなわち、予定している予算、或いは技術力それから、工期などの点を包括的に考慮しながら、結果として自分自身の判断で決定することが重要になります。

次の記事へ